正しい縮毛矯正のやめ方

f:id:ibarachan:20200426232452j:plain

脱縮毛矯正にかかる期間

脱縮毛矯正が完了するまでには、約1年半〜2年ほどかかります。 

ショートヘアで1年半、ボブ、ミディアムで2年くらいです。
 
 ちなみに、半年くらい経った頃がこちら。

f:id:ibarachan:20200425085609j:plain

先はまだまだ長いです...。

前回、坊主にするのはお勧めしない話はしましたので、矯正毛の部分はそのままにして髪を伸ばしていく方法になります。

 

脱縮毛矯正中にオススメの髪型

とりあえず、地毛と矯正毛は混ざっていない方が絶対扱いやすいので、前髪だけでも先に脱縮毛矯正します。

前髪だけなら、3ヶ月もあれば完了できるはずです。

前髪が全て地毛になったら、 オン眉パッツンにするのがおすすめです。

 

短い前髪だと不安に思うかもしれませんが、意外とアイロンして固めてしまえば大丈夫です!

昔、わたしも髪が長ければ根元のクセが伸びると聞いて、短いのは危険と思って避けてきましたが、むしろ激しすぎる癖の場合は、髪の重いので、短い方が扱いやすいです。 

 

しかし、サイドは矯正毛と地毛の天パが混ざった状態なので、結ぶしかあり得ません。

そんな状況でも可愛くなりたくて、三つ編みとかハーフアップとか色々試してみましたが、可愛くなるとか到底無理な話で、最終的に行き着いたのが、お団子ヘアでした。

 

結ぶにしても、結び目がキュッとなっていないと、汗やら湿気やらで癖が出てきてしまうし、ポニーテールとかだと、矯正毛で毛先がシャキーンとなっているので、ホウキみたいとか言われる。

 

もう根元から毛先までどうしようもならないので、全てを隠してくれるお団子ヘア一択です。

 
皆さん、脱縮毛矯正中に可愛くなろうとは考えないでください。
可愛くなろうとするとキモくなります。
目指すべきは無難で、無難が最上級です!!
 

しかし、お団子ヘアでも雨の日、夏は無理です。

そこで、必須アイテムになるのが、ヘアバンドです!!

 

付け根の部分隠しになるのと、短い前髪ならうねって浮くのも抑えることができます。

 

結果このような髪型になります。

f:id:ibarachan:20190127223907j:image

前髪は厚めにしておいた方が、うねっている感が分かりづらいです。

アイロンで丸みが出るようにセットするとこのようになります。

 

この状態で、前髪と結び目の部分をヴァセリンで固めれば最低限、雨も夏も乗り切れました。

 

結論、脱縮毛矯正中の髪型は...

 
オン眉黒髪お団子ヘアバンドヘアでGO!!
 
これから脱縮毛矯正される方、長い戦いになりますが、頑張ってください...。

f:id:ibarachan:20200430182241j:plain