シャンプーの界面活性剤について、シャンプーソムリエがわかりやすく解説!

f:id:ibarachan:20200428160104j:plain

界面活性剤とは

通常は混じり合わない、水と油を混じり合わせてくれる成分です。

シャンプーなどの各種洗剤系、トリートメント、その他ファンデーションやリップなどの化粧品類にも使用されています。

界面活性剤は危険?

界面活性剤といえば、なんとなくいいイメージがないですよね…。

確かに、油脂に残留しやすいため、ちゃんと洗い流さなかったり、肌に合わないとトラブルを起こす可能性はあります。

しかし、刺激の強いものもあれば優しいものもあるので、自分に合ったものを使えば問題ないでしょう。

 

シャンプーにおける界面活性剤

シャンプーにおいては、洗浄成分として使われており、石油由来のものと、植物由来のものがあります。

たまに、「界面活性剤が入っていないシャンプー」というフレーズを聞くことがありますが、界面活性剤が入っていないということはありえないので、おそらく石油系のものが使われていないということを過剰表現した言葉だと思います...。

基本的に、シャンプーは数種類の界面活性剤を調合して作られますが、メインに使われている界面活性剤(成分票の先頭に記載)が石油系のものなら石油系のシャンプー、植物性なら植物性のシャンプーと分類されます。

尚、石油系の界面活性剤が入っていても、メインで使われているものが植物性の界面活性剤ならば植物性と謳われます。

石油系、植物性の中にも更に種類がありますので簡単にご紹介します。

 

石油系の界面活性剤

f:id:ibarachan:20200428161510j:plain

代表的なものは以下になります。 

  • アルキル硫酸系(高級アルコール系)
  • スルホコハク酸系
  • スルホン酸系

市販のシャンプーでお馴染みの「ラウレス硫酸Na」は硫酸系(高級アルコール系)です。

その他、硫酸系よりは少し刺激が抑えめのスルホコハク酸系、スルホン酸系があります。

これらの共通点は、洗浄力が高い、皮膚刺激が強い、保湿力が低いことです。

その特徴からコストが安くなっています。

しかし、処方によっては優れた界面活性剤として活かされますので、一概に悪いものとは言えません。

ですが同時に、この界面活性剤がメインで使われているシャンプーは、皮膚の弱い方、乾燥毛の方にはオススメできません。

 

植物性の界面活性剤

f:id:ibarachan:20200428161919j:plain

代表的なものは以下になります。

  • タウリン系
  • 酸性せっけん系
  • ノニオン系
  • 両性界面活性剤(ベタイン系)
  • アミノ酸系
  • PPT系

石油系のものより、低刺激で保湿力が高くなります。

特に、アミノ酸系、PPT系は低刺激で保湿力が非常に高いです。

石油系のものに比べると泡立ちが悪いものもありますが、これも処方によりけりです。ただし、間違いなく値段は高くなります。

まとめ

メインに使われている界面活性剤の種類によって、そのシャンプーの性格が決まる。

しかし、シャンプーは複数の界面活性剤を調合して作られるので、石油系が使われているからといって絶対悪いものとは限らない。

www.ibarachan.info

f:id:ibarachan:20200425210218j:plain