縮毛矯正のメリットとデメリット

f:id:ibarachan:20200426232126j:plain

縮毛矯正とは

くせ毛の原因のひとつである、"シスチン結合"のズレを正して髪をストレートにする技術です。
 

f:id:ibarachan:20200425165422j:plain

 

メリット:かけた部分は半永久的にストレートになる

湿気や汗、雨に濡れてもとれることはありません。

 

デメリット①:髪が痛む

美容院の施術の中でも、縮毛矯正はトップクラスに痛みます。

一説には、ブリーチ以上とも言われているくらいです。

では、なぜそんなに痛むのでしょうか?

まずは、縮毛矯正の流れをご紹介します。

<縮毛矯正の流れ>
  1. 薬剤で、ズレているシスチン結合を一度切断する
  2.  アイロンで髪をストレートにし、正しい位置で再度結合させる
  3.  薬剤でコーティングする
 

この①シスチン結合の切断が、髪が痛む最大の原因です。 

どんなに上手い美容師さんがやったところで、傷みを軽減することはできても、傷ませないことは不可能だそうです。

縮毛矯正はダメージの上に成り立っています。

 

デメリット②:コスパが悪い

料金も美容院の中でトップクラスに高いです。

あんまり安いところは信用ならないし、かと言って、頻繁に通うのに高いところは行けないし…。

だいたい、2万円くらいが相場かなって感じですが、高ければ上手いとも限りません。

縮毛矯正って実は、普通の美容院ではそんなに出るメニューではないらしいので、値段だけ高くて経験値の少ない人もいます。 

わたしの場合は、二ヶ月に一回の頻度でかけていたので、年間12万。

今まで縮毛矯正にいくらかけたんだろう。考えたくないですね…。

 

デメリット③:ボリュームが出せない

縮毛矯正をすると、頭ぺたんこ、毛先はシャキーンとした不自然な髪形になります。

トップにボリュームを出そうとしても、真っ直ぐになろうとする力が強すぎるので、できません。毛先は巻けないことはないですが、髪はストレートになっても、理想の髪型にすることは困難です。

 

デメリット④:施術に時間がかかる

カラーも同時にやったりしたら、4時間くらいかかります。とにかく疲れる、偏頭痛になる。雑誌は沢山読めますね笑

 

デメリット⑤:一度かけたら最後、無限ループに陥る

縮毛矯正は、既に生えている髪にしか適応しないので、新しく生えてくる髪は残念ながらくせ毛です。髪が生えてくれば、矯正をしたストレートの部分が馴染まず、境目で折れて髪のフォルムが崩れるので、そうなったらまたかけなければなりません…。

 

デメリット⑥:ヘアケアが効かない

髪が傷むと、いいトリートメント使おうがシャンプー使おうが全然効果が出ません。

まとめ

縮毛矯正で手に入るのは、不健全なストレートヘアです。 

そして冒頭でもお伝えしましたが、縮毛矯正でできるのは、4つあるくせ毛の原因のうちのひとつ、シスチン結合のズレを治すことだけです!!

髪が痛むということは、水分を保持するために必要なキューティクルが剥がれてしまうことでもあり、水分不足はくせ毛を招きます。

縮毛矯正とは、髪の内側のダメージと引き換えに、髪の外側を綺麗に見せる技術です!!

皆さん、縮毛矯正を辞める覚悟はよろしいですか?

 脱縮毛矯正で、健康的な髪を目指しましょう!

 

f:id:ibarachan:20200424120546j:plain