洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

f:id:ibarachan:20200513162534j:plain

洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントはヘアケアにおいてマストアイテムです。

しかし、種類がたくさんあってどれを使えばいいのか迷ってしまいますよね!

使い方によって効果に大きく差が出ますので、今回は、それぞれの特徴と効果的な使い方をご紹介します。

 

ヘアオイル

f:id:ibarachan:20200513171629j:plain

おそらく、一番使われているタイプなんじゃないかと思いますが、オイルタイプはドライヤーやアイロンの熱、紫外線、砂ぼこり、湿気などから髪を保護したり、艶を出す効果に大変優れています。 

反面、潤い補給の効果やダメージ補修力はないので、ダメージや癖毛で乾燥している髪には、作用しません。

経験上、乾燥の強い髪につけても、オイルが伸びないのでベタベタどころか、てらてらになります。

取り込んだ成分を逃がさないようにパックする、ヘアケアの仕上げとして艶出しに使うのが正しい使い方です。

 

ヘアミスト

f:id:ibarachan:20200513171648j:plain

このタイプは、水がベースなので髪への浸透力が高く、潤い補給やダメージ補修に非常に優れています。

基本的なことですが、水分が多いものの方が髪に対する浸透力が高く、油分が多いものの方が、保護力が高くなっています。

つまり、ミストタイプは油分が少なく、コーティングや艶出し効果は期待できないので、乾燥が強い人は、つけた後にオイルでパックする必要があります。 

サラサラにしたい、ボリュームを出したい、ハリコシを与えたいなど、髪の質感に作用し、自分に足りない栄養分を補給できます。

 

ヘアミルク

f:id:ibarachan:20200513173708j:plain

ヘアミストより、油分が多くなっています。

主に潤い補給やダメージ補修など、質感に作用しながら、髪の保護や艶出し効果もある程度期待できます。

さっぱりとした軽い仕上がりを求める方にオススメです。

 

ヘアクリーム

f:id:ibarachan:20200513171753j:plain

ヘアミルクよりも更に油分が多くなっています。

艶出し効果や保湿を主として、ある程度の補修効果も期待できます。

しっとり重めに仕上げたい方にオススメです。

  

www.ibarachan.info

 

くせ毛にオススメの洗い流さないトリートメント

潤い補給と潤い保持を最大限の力で発揮できる、ミスト×オイルの併用がおすすめです!

 

オススメのヘアミスト

くせ毛やダメージによる乾燥毛におすすめなのが、CMC補修効果のあるヘアミストです。

CMCとは、キューティクルの接着剤とも言われ、髪の潤いを逃さないために重要な成分です。

くせ毛やダメージによる乾燥毛はキューティクルが剥がれてしまっており、髪の水分保持が難しい状態になっていますが、その働きを助けてくれます。 

 

サラサラな仕上りを求める方に!:ミルボン インフェノムミスト

 

しっとり仕上げを求める方に!:髪風船 CMCプロ
 
 
 ↓公式サイト↓

 

オススメのヘアオイル

私の体感としてはオイルは何を使っても大差がないですが、頭皮にも優しく、スキンケアにも使用できるホホバオイルがおすすめです。

ホホバオイルには精製と未精製のものがありますが、未精製のもののほうが、栄養価が高いと言われています。

 

だがしかし、それでもまだ髪がパサついてしまう方、いらっしゃいますよね?

 

ダメージの強い方、縮毛の方は、つけたばかりの時は良くても、活動してる間にどんどん髪がパサついてきます。私がそうです...。

 

そんな方にオススメなのが、

 

 

みなさん、お馴染みヴァセリンです!!

 

実は、ヴァセリンて木の葉すら枯らさないほどの超高保湿って知ってました?

取り込んだ水分、油分をパックするイメージでヴァセリンをつけると、日中のパサつきも防ぐことができます!

潤い十分な髪につけると、ベタベタになりかねないので、あくまでパサつきの酷い髪への救済処置です。 

 

まとめ 

★浸透力(潤い、質感)水分
ミスト>>>>ミルク>>>>クリーム>>>>オイル 
★防御力(保湿、艶出し)油分

オイル>>>>クリーム>>>>ミルク>>>>ミスト

f:id:ibarachan:20200430182241j:plain